2007年11月19日

彼女がシカトを始めた訳

寒いじょ〜!!
今日は一日雪でした。
とっても寒かったです。

今日は彼女に無視されるようになった経緯を
説明しようと思います。

もともとは本当仲良かったんです。
子どもが年長、一年生の頃は
グループで子どもと一緒に出かけたり
ご飯食べに行ったり飲みに行ったり
すごく楽しかった。

それが崩れたのは、
プヨがPTA副会長になった時から
最初から大変でした。
この学年ではPTAの活動として
果物を育てます。
今まではクラスに農家をやっている方が
必ずいたので、やっていけたようです。
今年は農家の保護者がいないので
全部PTAでやることになったのです。
そのために、かなり始めからごたごたしました。

その時にプヨたちに不信任をつきつけ
自分がPTA役員をやってしまおう
と言う話があったそうです。
その話を教えてくれたのはシカトさん
その時かばってくれたのはシカトさん
でした。
ちなみにプヨを辞めさせようとしていた
人ともとても仲が良かったので
そのときもショックでした。
かなり泣きましたね。ホント。
そのときシカトさんは、
「プヨちゃん腹割って話そう!
 困っているんじゃないの?」
そういって相談に乗ってくれました。
「一緒に文句いいに行こう!」
とも言ってくれました。
すごくうれしかった。
味方になってくれて親身になってくれて
うれしかった。
でも、さすがに文句は言いに行かなかったけど
その人は、考えたことをポンポンあまり考えずに
いってしまうタイプなので、悪気はないのだろう。
と思ったから。
でも、いろいろ知ってしまったから
今までどおり付き合えるかは、分からないと思ったけど、
なるべく普通に接してみようと考えた。
シカトさんにもそう伝えた。
「プヨちゃんがそう言うなら…」
とひとまずおさまった。
その時は、まさかこんな事になろうとは夢にも思わなかったんだよねぇ〜。
         
     つづく
タグ:無視 友達 嫉妬
posted by プヨヨン at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/67646856

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。